オーラソーマのカラーヒーリング

オーラソーマ

■自分でできるカラーヒーリング

オーラソーマのカラーセラピーの素晴らしいところは、自分自身でもヒーリングができることです。
自然界のエネルギーからなるツールを使うことによって日常生活の中で驚くほど手軽に色の効果を取り入れることができます。

いかがでしたが、オーラソーマの雑学を何回かに分けてご紹介しました。
世の中には不思議というか、知らない物事があるものです。

そんな物事の雑学を紹介していきます。

では、また別の記事で会いましょう。

オーラソーマ:オーラの働き

オーラソーマ:オーラのはたらき
・電磁場
 体表から約4〜5cm広がっていて皮膚を直接おおっています。
 肉体のその瞬間の状態が完全に映し出され短時間にどんどん変化していきます。

エーテル体
 物理的な肉体から約20cmをおおっています。
 エーテル体には過去のすべてのショックやトラウマといった経験が蓄積されているものです。また、依存と自立の問題とも関係しています。疲労し、消耗しているときに過去のショックがよみがえるのは このエーテル体が傷付いている状態だからなのです。

・アストラル体
 物理的な肉体から約30cmをおおっています。
 アストラル体は感じたり、考えたりすることを体験するための体です。
 そしてまた、私たちが眠っている間に生命エネルギーを補充するためのアストラル体でもあるものです。

オーラソーマのボトル

オーラソーマのボトル

 イクイリブリアムボトルには「カラー、植物、クリスタル」の3つのエネルギーが入っています。
 これによってカラーセラピー、アロマテラピー、クリスタルセラピーの3つの効果が得られるそうですね。

 私たちが普段何気なく接している色は、それぞれが独自のエネルギーとポジティブなパワーを持っていると考えます。
 たとえば、レッドの布は闘牛士の闘争本能と観客の心まで興奮させます。 グリーンの植物はわたしたちの心に落ちつきと癒しを与えます。
 ピンクをみると優しい穏やかな気持ちになります。最近では、病院や公共施設でも色のパワーを取り入れた設計が見られるようになりました。

 人は色のメッセージを目からだけでなく皮膚からも受け取っています。
「色の言葉」を、自分を知るために活用し、そのエネルギーをヒーリングのために使っていくことができるのですね。

オーラソーマセラピー

オーラソーマセラピーとは
 オーラソーマのセラピーは、上下が二層の液体に分かれた「イクイリブリアム」と呼ばれるボトルを選ぶことから始まるのです。

 105本あるイクイリブリアムボトルの中から、あなたが最も惹かれるボトルを1本ずつ計4本選んでください。
 
 選ばれたボトルは、あなた自身の投影となり、様々なことを映し出すことになります。直面している問題や課題、あなたの人生の目的や意義あなたがこれからの人生をいかに進んで行くべきかといったことなど、実に多くの価値ある情報をあなたに教えてくれるといいます。

オーラソーマとは?

オーラソーマとは?

 オーラソーマとは、イギリスのヴィッキー・ウォールという女性によって
生み出された色と光による新しいスタイルのカラーセラピーのことです。

 オーラとは「光」を、ソーマとは「体」を意味します。
 カラーセラピーは「色」を使って体と心のバランスを取り戻すと
いうヒーリングの方法ですよ。

 その歴史は古く、古代エジプトや古代中国の時代から
色を使った様々な治療が行われたという記録が残っているそうです。

 現在では、医療分野をはじめ、施設や町づくりにも
非常に計算された方法で利用されているようです。

 従来のカラーセラピーとオーラソーマの大きな違いは
とても奥の深い理論がベースになっていることです。

 それは、同種療法(ホメオパシー)、アーユルベーダ
数秘学、カバラなど伝統的なしっかりとした理論に裏打ちされています。

 オーラソーマとは奥が深そうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。