世界禁煙デーの雑学カテゴリの記事一覧

世界禁煙デーの謎

世界禁煙デーってどういうもの?

世 界禁煙デー(せかいきんえんデー、World No-Tabacco Day)は、世界保健機関(WHO)が1989年に制定した、禁煙を推進するための記念日です。

 毎年5月31日。国際デーの一つとなっています。

 この日、禁煙マークをプリントしたTシャツを着てマラソン大会を開いたりして、世界的に禁煙を呼びかけているようです。

 雑学としては、世界の喫煙者は10億1000万人であり、約5人に1人の割合となっています。毎年世界で300万人が喫煙が原因とみられるがんや心臓病で亡くなっており、このままでは2030年代初頭には喫煙による死亡者が年間1000万人に達するとWHOは警告しています。

 日本では、この日から6月6日までの一週間が禁煙週間となっていますので喫煙者の方はご協力を......。

世界禁煙デーとは?

世界禁煙デーとは

世界禁煙デーは毎年5月31日

 これはWHO(世界保健機関)が定め、喫煙者には24時間喫煙を控えるように呼びかけ各国政府、自治体、個人などには喫煙と健康について考えるよう呼びかける活動。

 日本ではこの日から一週間を「禁煙週間」としていますよ。

 なぜ、この日となったかは、思ったより大した理由ではないんです。
 なんでも、この5月末前後は世界中で乾季や雨季が少なく、イベント等が行いやすいという理由だそうだ。

 毎年この日または、この前後に禁煙に関するイベントが全国各地で開かれています。社会勉強にもなると思うのでぜひ参加してみてくださいな。

 世界禁煙デーには毎回スローガンが掲げられます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。