ミサンガの作り方

ミサンガの作り方

 ミサンガ(プロミスリング)は手首や足首などに巻きつけるのに
2つの形があるので覚えておいてください。
 1つは両端が紐のもの、もう1つは片側が輪っかになっていて
片方が二つの紐になっているものですよん。

 ではさっそく、ミサンガの作り方へいってみましょうね。

 まずはこの「紐の片方」や「輪っか」を三つ編みで作ってみましょう。

 ミサンガは、大抵、刺繍糸4本以上で作るのが基本の作り方なので、それを適当に3等分し、程よい長さを三つ編みして固結びしたら「結び始め」の出来上がりですよ。作り方は簡単でしょ?

 ミサンガのデザイン図(以降、レシピという)には
「結び始め」は省略してることが多いですが、好きな方で作り始めて
ください。ミサンガの作り方は自由度も高いですね。
 好きな方法で作ってみましょう。

 「輪っか」なら編んでる時も紐が邪魔にならないし、出来上がってから
もミサンガの整理がしやすいですよ。

 ミサンガの作り方を理解してもらえましたか?

 壁に掛けたコルクボードに画鋲を刺して、そこにミサンガを引っ掛けて整理したら機能的だし、見た目もベストですね。
 さあ、あなたもチャレンジしてみましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。