オーラソーマとは?

オーラソーマとは?

 オーラソーマとは、イギリスのヴィッキー・ウォールという女性によって
生み出された色と光による新しいスタイルのカラーセラピーのことです。

 オーラとは「光」を、ソーマとは「体」を意味します。
 カラーセラピーは「色」を使って体と心のバランスを取り戻すと
いうヒーリングの方法ですよ。

 その歴史は古く、古代エジプトや古代中国の時代から
色を使った様々な治療が行われたという記録が残っているそうです。

 現在では、医療分野をはじめ、施設や町づくりにも
非常に計算された方法で利用されているようです。

 従来のカラーセラピーとオーラソーマの大きな違いは
とても奥の深い理論がベースになっていることです。

 それは、同種療法(ホメオパシー)、アーユルベーダ
数秘学、カバラなど伝統的なしっかりとした理論に裏打ちされています。

 オーラソーマとは奥が深そうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。