スコアブック:野球豆知識

野球豆知識

盗塁の記録
(1)走者が盗塁へのスタートを起こしたあとに、投手の暴投あるいは捕手の穂逸があっても盗塁が記録される。

(2)捕手が盗塁を防ごうとして、悪送球になっても盗塁が記録される。

(3)峡殺プレーになったとき、守備側の不手際から走者が次の塁に進めば、盗塁が記録される。ただし、守備側のどの選手にもエラーがつかないことが条件となる。

(4)スライディングして触塁後オーバースライドでアウトになったときは盗塁は記録されないが触塁後オーバランでアウトになったときは盗塁が記録される。

(5)ダブルスチールあるいはトリプルスチールが企てられたときは、1人でもアウトになれば、アウトにならなかった走者にも盗塁は記録されない。

打数の計算
 犠牲バント及び犠牲フライ、四球、死球、妨害(インターフェア)、または走塁妨害(オブストラクション)によって1塁を得た場合を除いた、打撃を完了した回数を打数という。
 守備のエラーによる出塁は打数にカウントされる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。