用語の豆知識:ゴルフ豆知識

ゴルフ用語のちょっとした豆知識です。

■ ティインググラウンド
ティインググラウンドはこれからプレーをしようとするホールのスタート場
所で、その大きさは2つのティマーカーの外側を線で結び、その線から奥行き
2クラブレングス(クラブ2本分の長さ)の四角い区域です。


■ スルーザグリーン
現にプレーしているティインググラウンドとグリーン、コース内のすべての
ハザードを除いた区域をいいます。つまり、現在プレーをしていないティイ
ンググラウンドやグリーンはスルーザグリーンになります。


■ ハザード

バンカー(凹地に砂が入っている区域)やウォーターハザード、ラテラル・
ウォーターハザードがあります。ボールの一部でもハザード内に触れていれ
ばハザードのボールになります。俗に言うグラスバンカー(草で覆われてい
る凹地)はスルーザグリーンになります。


■ パッティンググリーン(グリーン)

現にプレーしているホールのグリーン(パッティングのために短く刈られた
芝生の全区域)だけがパッティンググリーンで、予備(サブ)グリーンはス
ルーザグリーンになります。
 また、ボールの一部がグリーンに触れていればグリーン上のボールになり
ます。予備グリーンにボールが止まったり、スタンスがかかるときには、ロ
ーカルルールでプレーを禁止している場合が多いので、注意しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。