ダンテの「神曲」の謎

■ 廣海好が漫画の原作のネタのために溜め込んでいる雑学、豆知識
  の中から「本当かよ?」と思うものを厳選して解説します。
  まさに、無駄知識の泉!! ではどうぞ。

◆ 今回の「本当かよ?」
      
  ─────────────────────────────
    イタリア最高の詩人として有名なダンテの「神曲」の作者
   はダンテではない?

  ─────────────────────────────
  
   「神曲」といえば、地獄篇・煉獄篇・天国篇の三部から成る、
  全14233行の韻文による長編叙事詩で、聖なる数「3」を基調とし
  た極めて均整のとれた構成から、しばしばゴシック様式の大聖堂
  にたとえられる。イタリア文学最大の古典です。

   その作者がダンテではないとはいったいどういうことでしょうか?

   ダンテが現代に生き返って
  「あなたの書いた【神曲】について語ってください」
   とインタビューされたら、
  「俺はそんなものは書いちゃいない!」
   と怒るかもしれません。
  
   なぜでしょうか?

   それは、【神曲】というタイトルは、三世紀も後のベネチアのある
  編集者が勝手につけたもので、ダンテ本人がつけたタイトルは【劇】
  だったからです。
   詩の才能は有ってもネーミングセンスはなかったんでしょう 
  か......。

   作者がつけたわけでもないタイトルがたまたま歴史に残ったという
  レアなケースなのです。

===================================================================== ≪今回の「本当かよ?」度≫

   ★★★☆☆(星3.0)
  
   神曲は多くの漫画家にも影響を与えています。

   永井豪の漫画『デビルマン』の世界観は、彼が幼少期に読んだ子供向
  けの『ダンテの神曲物語』の影響を受けたものですし、車田正美の漫画
  『聖闘士星矢』冥界編の舞台はダンテの地獄をほぼそのままなぞってお
  り、独自の解釈による地獄の情景が描かれています。
   
   ゲームの世界では、人気RPG『ファイナルファンタジーIV』に登場す
  る、スカルミリョーネ・カイナッツォ・バルバリシア・ルビカンテら四
  天王の名前は、地獄界の第五の嚢(マーレボルジェ)に登場するマラコ
  ーダ配下の地獄の鬼ども(悪の爪、マーレブランケ)から取られたもの
  ですね。

   神曲は現代のマンガ・アニメ・ゲーム界にも相当大きな影響を及ぼし
  ていることは間違いありません。

   すごい、すごすぎるよ。ダンテさん。

=====================================================================
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22858501

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。