西行法師は人造人間をつくった?

■ 廣海好が漫画の原作のネタのために溜め込んでいる雑学、豆知識
  の中から「本当かよ?」と思うものを厳選して解説します。
  まさに、無駄知識の泉!! ではどうぞ。

◆ 今回の「本当かよ?」
      
  ────────────────────────────
   「山家集」で知られる平安末期の歌僧・西行法師は、
   人造人間をつくったことがある

  ────────────────────────────
  
   人造人間といえば、「ゴーレム」や「フランケンシュタイン」
  が有名ですが、なんと日本にも人造人間伝説があるんです。

   その伝説は平安末期に活躍した歌僧・西行のものです。
  
   鎌倉時代の仏教説話集「撰集抄」によると、仲の良かった友人
  に去られて寂しくなった西行は、鬼が行う死者の骨を集めて人間
  を作り出す反魂の秘術を学び、人造人間を作ったそうです。

   しかし、それは魂の抜け殻のような存在で、化け物のような人
  間(色艶が悪く、符抜けた笛のような声で喋る)のでだったため、
  西行は薄気味悪く思い、山奥に捨ててしまいます。
  
   以来、西行が再び人造人間をつくったという記述はありません。
  きっと、神の行為を真似することに罪悪感を感じたのでしょう。
  
   どこの国の人造人間伝説にもハッピーエンドのものはありませ
  んね。恐ろしやー。
  
=====================================================================
 ≪今回の「本当かよ?」度≫

   ★★★☆☆(星3.0)
  
   この話、本当か嘘かと言われたらほぼ100%嘘です(笑)。
  しかしながら、現代の試験管ベビーやクローン技術によって、
  今この瞬間に人造人間を作り出そうとしている人が世界中のどこ
  かにいるのかもしれませんね。

   ちなみに、西行が人造人間を捨てたのは高野山です。今も生き
  延びているかもしれないので、お出かけの際はお気をつけくださ
  いな。すれ違った人が実は人造人間ってことも......。
  
=====================================================================
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。